無添加シャンプーを選ぶ際、口コミはどれぐらい参考にすべきか

化粧品や薬品等には口コミが沢山あります。では無添加シャンプーにはどんな口コミがあると思いますか。

 

無添加シャンプーの口コミがどんな物なのかや、その他にも口コミと実際の使用感にはどれぐらいの差があるのかについても解説します。

 

口コミについて考えている方は、是非参考にしてみてください。

 

無添加シャンプーには様々な種類があります。メーカーだけでも何十、製品とはれば何百とあります。ですが今回は主に市販の物ではなく、ネットで購入できる無添加シャンプーの口コミについて解説します。

 

口コミの大半は高評価?

無添加シャンプーの口コミの大半は高い評価や使ってみて想像以上に驚いたと言った内容です。無添加シャンプーは基本的に頭皮に優しい成分で作られています。結果、頭皮に対していい結果が現れているので高い評価が多いのです。

 

シャンプーをする女性

 

ほとんどの人が市販のシャンプーから無添加シャンプーに変えます。無添加シャンプーは勿論、市販のものよりも安全で効果的な成分で構成されています。なので、市販のシャンプーよりも断然良かったと言った、市販のシャンプーと比べた口コミも少なくはありません。

 

しかし、市販のシャンプーと無添加シャンプーを比べれば差は大きく、比べ物にならない無添加シャンプーもあります。なのでこう言った市販の物と比較した口コミは製品自体の口コミ出ではなく、比べた口コミなので、製品の本質が見えません。なのでこう言った口コはあまりあてになりません。

 

もちろん、低い口コミも存在する

ですが、もちろん中には低い評価の口コミもあります。この低い評価はちょっとした体質などが原因の場合があります。使う無添加シャンプーは同じだとしても、体質は1人1人違います。

 

また、体質以外にも頭皮環境の差や、皮膚が弱いなどの理由で口コミには差が出ます。しかし、よっぽど評価が低い場合にもその口コミは鵜呑みにできません。口コミを投稿した人と使う本人との体質などに少なからず違いがあります。

 

口コミはあくまでも参考程度に

なので、口コミだけを頼りに無添加シャンプーを選ぶと、あまり体質に合わないものを選んでしまう場合もあります。その結果、頭皮が荒れたりフケの原因となる場合もあります。

 

なので口コミはあくまでも個人の意見や、平均的な結果としてのみ捉えて、必ず口コミ通りの効果が出るとは思わないほうがいいのです。また、口コミが全て正しい情報とも限りません。口コミは基本的に使用した人が、使用感や効果を紹介する物です。

 

しかし、頭皮のちょっとした変化を問題だと勘違いして口コミに書き込んでしまうなどの場合もあります。なので口コミはすべてが正しいとも限りませんし、すべてが自分とあてはまるとも限りません。なので口コミだけを頼りにせず、含まれる成分を実際に調べてよく考えながら選ぶ必要があります。

 

しかし口コミからその無添加シャンプーがどのようなものなのかはある程度把握することができます。
なぜなら、同じ無添加シャンプーを使っていて、大きく使用感や効果が異なることはないからです。

2017/06/07 13:43:07 |

無添加シャンプーは頭皮に良いというイメージが強いと思う方が多いです。
しかし本当に頭皮に良い成分だけが含まれているとも限りません。
勿論頭皮に良い成分も含まれています。
今回は無添加シャンプーに含まれる基本的な成分や、
無添加シャンプーに含まれる頭皮に良い成分、頭皮に悪い成分を紹介します。

 

無添加シャンプーの意味


そもそも無添加シャンプーの無添加と言う意味についてです。
無添加と聞くと着色料や香料などの添加物が入っていないと思いがちですがそれは間違いです。

 

1980年に旧表示成分に100種類あまりの成分が肌になんらかのアレルギー反応を起こすとして指定されました。

 

この旧表示成分が定められた後、2001年に化粧品等に含まれる成分を全て表示する義務を設けました。
なので現在ネット上で販売されたり、出回っている無添加シャンプーは含まれている成分が全て表示されています。

 

しかし表示されている成分が全てが安全な訳ではありません。
ですが、含まれている成分は全て表示されているのでしっかりと自分で確認して選別すれば、ある程度の安全性は確保出来ます。
無添加シャンプーの中には頭皮にあまり良くない成分が含まれていることもあります。

 

なので自分で成分を選別出来ないと頭皮に悪影響を及ぼすようなものを選んでしまうかもしれません。
無添加シャンプーは本当に隅々までこだわっているものもあります。
しかし反対にキャッチコピーや宣伝として無添加を利用している物もあります。
なので基本的に無添加シャンプーに含まれる成分はほとんどは安全な物ですが、ごく希に危ない成分が使用されている物もあります。

 

あぶない成分が入っている場合も

 

このように無添加シャンプーに含まれる成分はそれぞれに違いますが危険成分や頭皮にいい成分も勿論あります。
危険な成分のひとつがラウリル硫酸です。

 

ラウリル硫酸は、洗浄力を上げるために使われます。
ラウリル硫酸は単体でも洗浄力が強いのですが、シャンプーの泡立ちをよくする効果もあります。
一見洗浄力が高いと頭皮に良いように思いますが、全く違います。

 

洗浄力が著しく強いことで頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまいます。
すると頭皮が異常を察知して、更に多くの皮脂を分泌します。
すると頭皮が荒れてしまったりします。
しかし反対に頭皮にいい成分もあります。

 

 

頭皮にいい成分は自然のもの

 

無添加シャンプーでは、含まれる全ての成分が自然のものや、一部だけが自然のもの等があります。
自然の成分のほうが、人工的に作られた成分より頭皮や髪の毛への負担が小さいです。

 

なので自然の成分で作られた無添加シャンプーは頭皮への害がほとんど無いと言えます。
このように無添加シャンプーに含まれる成分はそれぞれ違うので一口に安全とは言い切れません。
しかし、市販のものと比べれば比較的安全な成分で作られているのが無添加シャンプーです。
しかし無添加シャンプーにも危険な成分はあるので自分でしっかりと見分けて判別する事が大切です。

2017/06/02 09:28:02 |

無添加シャンプーはフケ等の頭皮のトラブルに効果があります。
では抜け毛に対しての効果はどうでしょうか。
今回は無添加シャンプーは、抜け毛対策に効果があるのかや、何故無添加シャンプーは抜け毛に効果があるのかを解説します。

 

頭皮環境を改善

 

無添加シャンプーはきちんと正しく使うことで抜け毛にたいしても大きな効果を発揮します。
無添加シャンプーは頭皮や髪の毛に優しい成分でできています。
その為、髪の毛や頭皮への負担が少なく、小さいのです。

 

なので頭皮環境を狂わせ、悪化させることなく、常に清潔な頭皮を保てます。
その為抜け毛が起こりにくくなる上、抜け毛が起こりにくい頭皮に変えることも出来ます。

 

では無添加シャンプーの抜け毛に対する効果について詳しく解説します。
そもそも抜け毛が起こり、進行していく原因は頭皮環境の悪化です。

 

頭皮にちょうど良い量の皮脂が残っていることで、頭皮環境は良い状態で保てています。
しかし市販のシャンプーを使ってしまうと、頭皮環境が徐々に悪化していきます。

 

そして最終的には抜け毛が起こりやすい頭皮になってしまいます。
このように頭皮環境が悪化してくると、改善も難しくなりかねません。

 

ですが、無添加シャンプーを使えば頭皮環境を元の状態に戻すことが出来ます。

 

皮脂はとりすぎもダメ


無添加シャンプーは、市販のシャンプーとは違い、洗浄力が強すぎず弱すぎない、ちょうどいい具合に調整されています。
なので頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまうことも、頭皮に皮脂を残しすぎてしまうこともありません。
このように無添加シャンプーを使えば頭皮の皮脂量を適度に保てます。

 

頭皮の皮脂量がちょうど良ければ頭皮環境が乱れることはありません。
また、無添加シャンプーには、洗浄力がちょうどいいと言う以外にも抜け毛対策に良いことがあります。
無添加シャンプーには不要な添加物が入っていません。

 

実は不要な添加物が入っていないというのも、抜け毛対策には欠かせないことであり、無添加シャンプーの特徴でもあります。
添加物入りのシャンプーを使うと、頭皮に様々な悪影響を及ぼします。
悪影響としてフケが出たり、頭皮が荒れることもあります。

 

そうなると、逃避環境の悪化に繋がって更に抜け毛の原因にも繋がりかねません。
なので添加物が多く入っている傾向がある市販のシャンプーよりも添加物が入っていない無添加シャンプーの方が抜け毛対策に効果的なのです。

 

しかし、無添加シャンプーは全ての製品が無添加という訳ではありません。
ですが添加物が少ない物や、無添加のものなら抜け毛対策には十分効果があります。

 

このように無添加シャンプーは頭皮にいい上に、抜け毛対策に対して市販のシャンプーよりも効果は大きいです。

 

無添加シャンプーは洗浄力が適度に調整されているので、抜け毛が進行していても十分間に合う時もあります。

 

無添加シャンプーは、ほとんどの抜け毛の原因を根本から治すことが出来るので、抜け毛が起こりにくい頭皮に変えることもでき、非常に万能です。

2017/05/24 14:08:24 |

市販の無添加シャンプーをランキング形式で3つ紹介します。
無添加シャンプーの特徴やメリットも紹介します。
是非参考にしてみて下さい。

 

無添加シャンプーの特徴は2つ

シャンプー
1つめの特徴は、洗浄力が適度な具合に調整されているということです。
無添加シャンプーは洗浄力が適正に調整されているので、頭皮の皮脂量を大きく変えることがありません。

 

もちろん洗浄力は弱すぎないので、頭皮に付着したホコリ等の汚れはしっかりと落としてくれます。

 

また、頭皮の皮脂量を適度な具合に保ってくれるので、頭皮環境を悪化させることなく、良い状態で保てます。
頭皮環境が良いと抜け毛を防ぐことも出来ます。

 

2つめの無添加シャンプーの特徴は、添加物が一切入っていないという事です。
普通のシャンプーには、見た目をよくする為に添加物が沢山含まれています。
普通のシャンプーに含まている添加物には香料や着色料などの見た目を重視した物ばかりです。

 

しかし、無添加シャンプーにはこれらの添加物を含まないので頭皮環境を悪化させません。
また、頭皮や髪の毛へのダメージも小さいです。

 

市販の無添加シャンプーをランキング

マイナチュレシャンプー

まず、ランキング1位の無添加シャンプーはマイナチュレシャンプーです。
マイナチュレシャンプーは、髪の毛や頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーです。
マイナチュレシャンプーは、比較的安い上にアミノ酸系なので頭皮に対してトラブルも起こしにくいです。
必要以上に皮脂を取りすぎないので、抜け毛予防にも役立ちます。

 

uruotte

続いて2位はuruotteという無添加シャンプーです。
uruotteは、99パーセントの成分が植物由来成分です。
つまり自然の成分なのです。

 

なのでとても低刺激で髪の毛や頭皮への負担が少ないのが特徴です。
さらにuruotte自体に保湿の役割もあるので、後からリンス等でケアをする必要がなく手軽なのが特徴です。

 

オーセルシャンプー

最後に3位はオーセルシャンプーです。
オーセルシャンプーは1位のマイナチュレシャンプー、2位のuruotteよりも洗浄力が高いです。

 

なので頭皮についているホコリ等のゴミを頭皮に残すことがありません。
洗浄力も、強すぎる訳では無いので皮脂を取りすぎて頭皮環境を悪化させることもありません。

 

このように3つ、市販されている無添加シャンプーをランキング形式で紹介致しました。
それぞれに特徴があるのでランキング形式ではありますが、使う人の体質や頭皮の状況によっては1位のシャンプーよりも3位のシャンプーの方が良い場合もあります。

 

体質によってはランキングが関係ない場合もあるのでランキングは平均的なものとして考えてください。

 

ランキング形式で3つにシャンプーを紹介しましたがどうでしたか。
今回は3つの無添加シャンプーをランキング形式で紹介しました。
特徴と体質や頭皮の状況を考えてどのシャンプーが一番合うのかを探して見てください。

2017/02/16 19:10:16 |

無添加のアミノ酸系シャンプーというものを知っていますか?

 

今回は無添加のアミノ酸系シャンプーはどんな物なのかや市販のシャンプーや無添加のシャンプーとの違いを詳しく解説します。

 

比較する女性

 

無添加のアミノ酸系シャンプーを知らない人は是非参考にしてください。

 

アミノ酸シャンプーは含まれている成分が特殊

アミノ酸系のシャンプーは含まれる成分が少し特殊な構成になっています。

 

アミノ酸系のシャンプーには界面活性剤にアミノ酸が使われています。
なので、アミノ酸系という名前なのです。

 

界面活性剤に安心できるアミノ酸が使われているので頭皮や髪の毛への負担も少ないです。

 

なのでアミノ酸系のシャンプーは、シャンプー類の中では最も安全とも言えるのです。

 

アミノ酸は髪の毛を作る成分のひとつ

また、アミノ酸系シャンプーにはアミノ酸が含まれています。
髪の毛はアミノ酸やその他の成分が集まって作られます。

 

しかしアミノ酸系シャンプーにはアミノ酸が入っているので、頭皮を洗いながらアミノ酸を補給出来ます。
なのでアミノ酸のサプリメント等を使って摂取する必要もありません。

 

分かりやすく要約すると、無添加のアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪の毛に優しいので、抜け毛やフケを防ぐ事が出来る他、アミノ酸が豊富に含まれるので育毛にも効果がある、万能なシャンプーという事になります。

 

市販シャンプーとは何が違うのか

さて、次は無添加シャンプーや市販のシャンプーとは何が違うのかについて解説します。

 

まずは市販のシャンプーとの比較です。
基本的には、市販のシャンプーと無添加のアミノ酸系のシャンプーでは使用感や効果に違いが現れます。

 

また、市販のシャンプーと無添加のアミノ酸系のシャンプーとでは界面活性剤に使われる成分に違いがあります。

 

一般的な市販のシャンプーの界面活性剤に使用される成分は大きく分けて、陰イオンと陽イオンと、この2つが入った両性があります。
しかし、これら3つの成分はあまり頭皮に良くありません。

 

更に市販のシャンプーには、これに加えて添加物も含まれます。
市販のシャンプーの添加物に含まれる主な物には、香りをよくする香料や見た目を良くする着色料等があります。
添加物は頭皮へ悪影響を及ぼすこともあり、非常に危険な場合もあります。

 

しかし無添加のアミノ酸系シャンプーの界面活性剤にはアミノ酸が使われています。
また、添加物も入っていないのでとことん頭皮に優しいのです。

 

無添加シャンプーと無添加アミノ酸シャンプーの違い

次は無添加シャンプーと無添加のアミノ酸系シャンプーの違いです。

 

この2つのシャンプーの違いは、1つだけです。
この2つのシャンプーの違いはアミノ酸が含まれているかどうかです。

 

普通の無添加シャンプーにはアミノ酸は含まれません。
しかし、無添加のアミノ酸系シャンプーには豊富なアミノ酸が含まれるのでより頭皮に優しいのです。

まとめ

どうでしたか。
無添加のアミノ酸系シャンプーについて様々な事を解説しました。

 

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮に優しく、又育毛の効果もある万能なシャンプーなのです。
なので無添加のアミノ酸系シャンプーを使えば、頭皮のすべてを良い状態に保つことも可能になります。