無添加アミノ酸シャンプーは他のシャンプーと何が違うのか

無添加のアミノ酸系シャンプーというものを知っていますか?

 

今回は無添加のアミノ酸系シャンプーはどんな物なのかや市販のシャンプーや無添加のシャンプーとの違いを詳しく解説します。

 

比較する女性

 

無添加のアミノ酸系シャンプーを知らない人は是非参考にしてください。

 

アミノ酸シャンプーは含まれている成分が特殊

アミノ酸系のシャンプーは含まれる成分が少し特殊な構成になっています。

 

アミノ酸系のシャンプーには界面活性剤にアミノ酸が使われています。
なので、アミノ酸系という名前なのです。

 

界面活性剤に安心できるアミノ酸が使われているので頭皮や髪の毛への負担も少ないです。

 

なのでアミノ酸系のシャンプーは、シャンプー類の中では最も安全とも言えるのです。

 

アミノ酸は髪の毛を作る成分のひとつ

また、アミノ酸系シャンプーにはアミノ酸が含まれています。
髪の毛はアミノ酸やその他の成分が集まって作られます。

 

しかしアミノ酸系シャンプーにはアミノ酸が入っているので、頭皮を洗いながらアミノ酸を補給出来ます。
なのでアミノ酸のサプリメント等を使って摂取する必要もありません。

 

分かりやすく要約すると、無添加のアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪の毛に優しいので、抜け毛やフケを防ぐ事が出来る他、アミノ酸が豊富に含まれるので育毛にも効果がある、万能なシャンプーという事になります。

 

市販シャンプーとは何が違うのか

さて、次は無添加シャンプーや市販のシャンプーとは何が違うのかについて解説します。

 

まずは市販のシャンプーとの比較です。
基本的には、市販のシャンプーと無添加のアミノ酸系のシャンプーでは使用感や効果に違いが現れます。

 

また、市販のシャンプーと無添加のアミノ酸系のシャンプーとでは界面活性剤に使われる成分に違いがあります。

 

一般的な市販のシャンプーの界面活性剤に使用される成分は大きく分けて、陰イオンと陽イオンと、この2つが入った両性があります。
しかし、これら3つの成分はあまり頭皮に良くありません。

 

更に市販のシャンプーには、これに加えて添加物も含まれます。
市販のシャンプーの添加物に含まれる主な物には、香りをよくする香料や見た目を良くする着色料等があります。
添加物は頭皮へ悪影響を及ぼすこともあり、非常に危険な場合もあります。

 

しかし無添加のアミノ酸系シャンプーの界面活性剤にはアミノ酸が使われています。
また、添加物も入っていないのでとことん頭皮に優しいのです。

 

無添加シャンプーと無添加アミノ酸シャンプーの違い

次は無添加シャンプーと無添加のアミノ酸系シャンプーの違いです。

 

この2つのシャンプーの違いは、1つだけです。
この2つのシャンプーの違いはアミノ酸が含まれているかどうかです。

 

普通の無添加シャンプーにはアミノ酸は含まれません。
しかし、無添加のアミノ酸系シャンプーには豊富なアミノ酸が含まれるのでより頭皮に優しいのです。

まとめ

どうでしたか。
無添加のアミノ酸系シャンプーについて様々な事を解説しました。

 

アミノ酸シャンプーおすすめラボでは美容師が選ぶ市販や通販のシャンプーがわかります。

 

アミノ酸系のシャンプーは、頭皮に優しく、又育毛の効果もある万能なシャンプーなのです。
なので無添加のアミノ酸系シャンプーを使えば、頭皮のすべてを良い状態に保つことも可能になります。