無添加シャンプーの成分

無添加シャンプーは頭皮に良いというイメージが強いと思う方が多いです。
しかし本当に頭皮に良い成分だけが含まれているとも限りません。
勿論頭皮に良い成分も含まれています。
今回は無添加シャンプーに含まれる基本的な成分や、
無添加シャンプーに含まれる頭皮に良い成分、頭皮に悪い成分を紹介します。

 

無添加シャンプーの意味


そもそも無添加シャンプーの無添加と言う意味についてです。
無添加と聞くと着色料や香料などの添加物が入っていないと思いがちですがそれは間違いです。

 

1980年に旧表示成分に100種類あまりの成分が肌になんらかのアレルギー反応を起こすとして指定されました。

 

この旧表示成分が定められた後、2001年に化粧品等に含まれる成分を全て表示する義務を設けました。
なので現在ネット上で販売されたり、出回っている無添加シャンプーは含まれている成分が全て表示されています。

 

しかし表示されている成分が全てが安全な訳ではありません。
ですが、含まれている成分は全て表示されているのでしっかりと自分で確認して選別すれば、ある程度の安全性は確保出来ます。
無添加シャンプーの中には頭皮にあまり良くない成分が含まれていることもあります。

 

なので自分で成分を選別出来ないと頭皮に悪影響を及ぼすようなものを選んでしまうかもしれません。
無添加シャンプーは本当に隅々までこだわっているものもあります。
しかし反対にキャッチコピーや宣伝として無添加を利用している物もあります。
なので基本的に無添加シャンプーに含まれる成分はほとんどは安全な物ですが、ごく希に危ない成分が使用されている物もあります。

 

あぶない成分が入っている場合も

 

このように無添加シャンプーに含まれる成分はそれぞれに違いますが危険成分や頭皮にいい成分も勿論あります。
危険な成分のひとつがラウリル硫酸です。

 

ラウリル硫酸は、洗浄力を上げるために使われます。
ラウリル硫酸は単体でも洗浄力が強いのですが、シャンプーの泡立ちをよくする効果もあります。
一見洗浄力が高いと頭皮に良いように思いますが、全く違います。

 

洗浄力が著しく強いことで頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまいます。
すると頭皮が異常を察知して、更に多くの皮脂を分泌します。
すると頭皮が荒れてしまったりします。
しかし反対に頭皮にいい成分もあります。

 

 

頭皮にいい成分は自然のもの

 

無添加シャンプーでは、含まれる全ての成分が自然のものや、一部だけが自然のもの等があります。
自然の成分のほうが、人工的に作られた成分より頭皮や髪の毛への負担が小さいです。

 

なので自然の成分で作られた無添加シャンプーは頭皮への害がほとんど無いと言えます。
このように無添加シャンプーに含まれる成分はそれぞれ違うので一口に安全とは言い切れません。
しかし、市販のものと比べれば比較的安全な成分で作られているのが無添加シャンプーです。
しかし無添加シャンプーにも危険な成分はあるので自分でしっかりと見分けて判別する事が大切です。